Webマーケティングに関する資格取得を目指す

Webマーケティング資格取得講座

201910月  秋期講座スタート

カリキュラムcurriculum

はじめに試験概要と受験するための準備
  • 各試験のカバー範囲
  • Academy For Ads
CHAPTER.1Google広告の概要
  • 広告フォーマットの種類
  • Google広告3つのメリット
  • Googleネットワークとは
  • Google検索ネットワーク
  • 検索連動型広告:検索ネットワークの配信までの流れ
  • Googleディスプレイネットワーク
  • ディスプレイ広告のターゲティングの種類
  • 関連性が高いユーザー層に広告を配信できる理由
  • どんなウェブサイトに配信するか:キーワード(コンテンツターゲット)
  • どんなウェブサイトに配信するか:トピック(コンテンツターゲット)
  • どんなウェブサイトに配信するか:プレースメント(プレースメントターゲット)
  • どんなユーザー層に配信するか:年齢、性別、子供(ユーザー属性)
  • どんなユーザー層に配信するか:アフィニティカテゴリ(興味関心)
  • どんなユーザー層に配信するか:カスタムアフィニティカテゴリ
  • どんなユーザー層に配信するか:購買意向の強いユーザー層
  • どんなユーザー層に配信するか:カスタムインテント
  • どんなユーザー層に配信するか:リマーケティング
  • どんなユーザー層に配信するか:類似ユーザー
  • 行動フェーズ別の広告配信例
CHAPTER.2広告掲載の仕組み
  • 広告の掲載順位は広告ランクによって決まる
  • 広告が表示される仕組み
  • 広告表示オプションとは
  • 広告の掲載順位を向上させる「品質スコア」
  • 上限クリック単価(=入札単価)
  • 実際のクリック単価を計算してみよう
  • 単価設定
  • eCPM(有効CPM)
CHAPTER.3アカウントの階層構造
  • アカウントの階層構造
  • アカウントの階層構造:ゴルフショップの例
  • アカウントの階層構造:キャンペーンの分類
  • キャンペーンで達成したい目標
  • キャンペーンタイプ
  • キャンペーンタイプ(検索+ディスプレイネットワーク対応)
  • 地域、言語
  • 1日の予算について
  • 配信ペースを設定する
  • 広告スケジュール設定
  • 広告のローテーション
CHAPTER.4広告の作成
  • テキスト広告
  • テキスト広告、作成のポイント
  • キーワードの選択
  • キーワードプランナー
  • キーワードのマッチタイプ
  • 除外キーワード
  • 検索語句(検索クエリ)レポート
  • Google編集ポリシー
  • ショッピング広告
  • 広告フォーマット:ディスプレイ広告
  • 広告フォーマット:動画広告
CHAPTER.5効果の測定と確認
  • コンバージョンを計測できるようにする
  • ビュースルーコンバージョン(GDNのみ計測可能)
  • 分割表示:デバイスごと、曜日ごとの実績を確認する
  • オークション分析:競合と比較する
  • 投資収益率:ROI(Return On Investment)
  • 顧客生涯価値(LTV:LifeTime Value)
CHAPTER.6掲載結果の向上
  • 広告表示オプションとは
  • 入札単価調整(デバイス、広告スケジュール、地域)
  • 自動入札戦略
  • 自動入札戦略の種類
  • クリック数の最大化
  • 検索ページの目標掲載位置
  • 拡張クリック単価(eCPC:Enhanced CPC)
  • 目標コンバージョン単価(tCPA,CPA:Target Cost Per Acquisition)
  • 広告プレビューと診断
CHAPTER.7効率化ツール
  • クライアントセンター(MCC:My Client Center)
  • Google広告エディター
  • その他のGoogleプロダクトの活用
  • 参考:自然検索(オーガニック検索)
Google広告基礎の直前対策模擬問題をやってみましょう
はじめに
  • GAIQとは
  • GAIQの概要について
CHAPTER.1準備をしよう
  • デジタル解析ツール:Googleアナリティクスのログイン画面
  • 実際のサイトを分析してみましょう
  • Googleアナリティクスのデモアカウント追加
CHAPTER.2計測する仕組みを理解する
  • なぜ、ウェブサイトは分析できるのか
  • ウェブビーコン方式:ウェブサイトを計測する仕組み
  • 「ヒット」とは、Googleアナリティクスに送信される単位
  • ヒットの種類は大きく4種類あります
  • さまざまなデータを収集してレポートしています
  • 新規とリピーターの判定で利用されているクッキー
  • 参考:ファーストパーティクッキーとサードパーティクッキー
  • 参考:IPアドレスとドメイン
  • 参考:固定IPアドレスと動的IPアドレス
  • 参考:HTTPヘッダ情報とは
  • 章末問題
CHAPTER.3メニュー操作をする
  • ホームページを分析する5つの視点
  • リアルタイム分析:今訪問している状況を知る
  • ユーザー分析:ユーザーの状況を把握しよう
  • ユーザー>コホート
  • ユーザー>ユーザー属性
  • ユーザー>行動>新規とリピーター、リピートの回数や間隔
  • ユーザー>テクノロジー>ブラウザとOS
  • ユーザー>モバイル>デバイス
  • 集客分析:どこから訪問しているのかを知りましょう
  • 集客>すべてのトラフィック>チャネル
  • 集客>すべてのトラフィック>参照元/メディア
  • 行動分析:どのページがよく見られているのかを知る
  • 行動>サイトコンテンツ>ディレクトリ、ランディングページ
  • コンバージョン分析:成果状況を確認する
  • コンバージョン>目標>ゴールフロー
  • コンバージョン>目標>スマートゴール
  • コンバージョン>マルチチャネル
  • コンバージョン>アトリビューション>モデル比較ツール
  • カスタムレポートの作成と共有
  • 章末問題
CHAPTER.4管理・設定の知識
  • アカウントの階層構造を理解しましょう
  • 参考:アカウント階層で設定できること
  • 参考:プロパティ階層で設定できること
  • 参考:ビュー階層で設定できること
  • トラッキング情報:トラッキングコード、セッション設定など
  • 参考:別ドメインに同一トラッキングコードを埋めるとどうなるか
  • クロスドメイントラッキング
  • 目標(コンバージョン)が起こったポイントは?!
  • 目標設定:サイトの成果を設定する
  • 参考:目標設定で到達ページ「先頭一致」にするケース
  • 目標設定:目標到達プロセスと値
  • フィルタを利用するケース
  • フィルタ設定:条件にあったデータを除外、含める設定
  • チャネル設定:流入をグルーピングする
  • 章末問題
CHAPTER.5機能用語を知る
  • ディメンションと指標
  • ディメンションと指標の理解
  • カスタムディメンションとカスタム指標
  • スコープ:カスタムディメンションの設定に必要な「範囲」
  • セグメント:一時的に絞り込みをする
  • セグメントとフィルタの違い
  • イベントトラッキングでユーザーの行動を収集する
  • UserIDを使用したクロスデバイス設計
  • 章末問題
CHAPTER.6周辺、その他の知識を学ぶ
  • Googleタグマネージャーの役割
  • リマーケティングユーザーリストとは
  • GoogleアナリティクスとGoogle AdWords
  • 章末問題
CHAPTER.1メニュー操作に関する問題
  • GAIQ模擬問題1-1
  • GAIQ模擬問題1-2
  • GAIQ模擬問題1-3
CHAPTER.2管理・設定に関する問題
  • GAIQ模擬問題2-1
  • GAIQ模擬問題2-2
  • GAIQ模擬問題2-3
CHAPTER.3機能用語に関する問題
  • GAIQ模擬問題3-1
  • GAIQ模擬問題3-2
  • GAIQ模擬問題3-3
CHAPTER.4計測の仕組みに関する問題
  • GAIQ模擬問題4-1
  • GAIQ模擬問題4-2
CHAPTER.5周辺・その他に関する問題
  • GAIQ模擬問題5-1
  • GAIQ模擬問題5-2
講座を始めるにあたって
  • 演習:ウェブ解析とは
  • ウェブ解析士試験について
  • 公式テキストの<発展>について
CHAPTER.1ウェブ解析士と基本指標
  • 演習1-1
  • 演習1-2
  • 参考:ヒット数とはファイルへのリクエスト数のこと
  • 参考:ユーザー数、セッション数、ページビュー数の違い
  • 参考:ウェブ解析の成果指標① CTR,CPC
  • 参考:ウェブ解析の成果指標② CPA,ROAS
CHAPTER.2環境分析とKPI UP
  • 演習2-1
  • 自主演習問題2-2
  • 自主演習問題2-3
CHAPTER.3ウェブ解析の設計 UP
  • 演習3-1
  • 参考:パラメーターの活用例
  • 演習3-2
  • 参考:ウェブビーコン方式
  • 自主演習問題3-3
  • 参考:タグマネージャーとは
CHAPTER.4インプレッションの解析
  • 演習4-1
  • 自主演習問題4-2
CHAPTER.5エンゲージメント・間接効果の解析
  • 演習5-1
CHAPTER.6オウンドメディアの解析
  • 演習6-1
  • 参考:URL生成ツール(Campaign URL Builder)
  • 自主演習問題6-2
ウェブ解析士の試験直前の力試し模擬テスト

新入社員の方に最適な2つのオプション講座options

講座名ビジネスマナー講座オプション講座
学習期間2日間 / 15時間
対象者新入社員、社会人として必要なビジネスマナーを身につけたい方
概要新社会人に必要なビジネススキルとして正しい姿勢、基本所作、表情・発声・話し方・会話作法、言葉遣い・敬語を学びます。そして、対人マナーとして来客、訪問時のマナー、名刺交換、電話応対を学び、ビジネス文書、ビジネスEメールの作成から指示・命令の受け方/、報告・相談の仕方、メンタルマネジメントまでを学びます。
講座名Excel実践講座オプション講座
学習期間1日間 / 7.5時間
対象者Excel実践技術を学び、作業の効率化に繋がる実践技術を身に付けたい方
概要Excelの基本を理解し、相対参照や絶対参照を使用した数式作成、表の書式設定や基本的なグラフ作成をすることができるようになります。関数の基本を理解し、作られた関数の修正、自分で1から作成をスムーズにできるように演習中心で行います。Excelを使用する上でよく利用する関数、便利な関数を中心に学ぶことができ、関数作成に慣れていない方、さまざまな関数を使いこなしたい方、用途に合わせて関数を使い分けたい方にお勧めです。 また、顧客データ、社員一覧、企業一覧など、大量なデータを管理するにはExcelデータベースの操作/機能の習得が必須です。大量なデータを効率的に管理し、必要なデータにあわせてデータベース機能を使いこなす技術を習得することが目的のトレーニングです。
Webマーケティング資格取得講座2019年10月スタートに申し込む

学習教材サンプルsample

このような方におすすめですRecommend

これからデジタルマーケティングを学ぼうとしている初心者の方

今、知らないことは問題ではありません。今後デジタル化が進み、仕事や生活に浸透したとき、デジタルマーケティングを知らないことはきっと大きな問題になるでしょう。未来を見据えた学習カリキュラムをご用意し、初心者の方々のスキルアップを応援します。

自社のデジタルマーケティングを担当する人材を求める企業さま

外注に任せっきりでは成功を勝ち取ることは容易ではありません。「デジタルマーケティングを自社で行う」これこそビジネスを成功に導く唯一の方法であり、デジタル人材を育成することが企業を強くそして大きくします。

助成金を活用し、自社のデジタル人材を育成したい企業さま

「国内の企業を支援する」その一環として利用できる国の助成金。「デジタル人材を育成する」多くの研修において、その研修費用を大幅に軽減。支給率100%のノウハウで専門スタッフがサポートします。

講座日程と会場Schedule

日程時間内容
10月11日12:30 ~ 17:30資格Google広告基礎
11月7日12:30 ~ 17:30資格GAIQ①
11月8日12:30 ~ 17:30資格GAIQ②
12月5日12:30 ~ 17:30資格ウェブ解析士

会場

未定

Webマーケティング資格取得講座2019年10月スタートに申し込む

講師紹介Instructor

アイデジの講義は、実務経験と教育スキルを持った教員が担当します。
サイト構築演習、実サイトの分析など、実務を想定したワークショップを取り入れ学びます。

  • 富田 一年ウェブ解析、ウェブマーケティング

    1976年生まれ。講師歴16年。前職、全国展開型のパソコンスクール教務責任者、法人事業部の企業研修講師、ウェブ戦略担当を経て株式会社アイクラウドを設立。

  • 金村 繁伸ウェブ解析、リスティング

    大学卒業後、税務法務総合事務所にてベンチャー支援コンサルタントとして、百数十社の法人設立、会計業務に携わる。その後、事業会社に勤務し、2012年に独立。

  • 木村 誠宏ウェブ解析、ITコーディネータ

    1982年生まれ。福井県出身。2007年からウェブ業界にて勤務。中小企業様を中心に、ウェブの構築・集客・改善提案業務を実施。2016年1月、株式会社フェルクを設立。

  • 福井 康江Microsoft認定トレーナー

    東京都出身。講師歴16年。電気メーカーなどでのバックオフィスを経て、Office研修や企業内業務ソフト研修の講師として勤務。

  • 田所 輝美雄ウェブ解析、マーケティング

    食品メーカー、ネットショップの運営等を経て2011年に独立。ウェブ解析を軸に業務改善や提案を行いながら、ウェブ解析士認定講座を始め、様々なセミナーや勉強会を開催。

  • 橋本 昇平サイト制作、ウェブマーケティング

    ウェブデザイナー・コーダー、インターネット広告運用コンサルタントとしての経験を元に、広告代理店でウェブ戦略のプランニングを担当。2016年に独立。

  • 櫻井 俊輔SE、教育支援コンサルタント

    1975年生まれ。小学6年生でPCと出会い、IT歴は30年。大学卒業後、システムエンジニア、IT系専門学校教員、人材育成・教育支援コンサルタントを経て2015年1月に独立。

講座料金plan

料金プラン①料金プラン②料金プラン③料金プラン④
日数12日間13日間14日間15日間
講座時間90時間97.5時間105時間112.5時間
Webマーケティング総合講座12日間Webマーケティング総合講座Webマーケティング総合講座Webマーケティング総合講座Webマーケティング総合講座
ビジネスマナー講座2日間Webマーケティング総合講座Webマーケティング総合講座Webマーケティング総合講座Webマーケティング総合講座
Excel 実践講座1日間Webマーケティング総合講座Webマーケティング総合講座Webマーケティング総合講座Webマーケティング総合講座
講座料金税込/1名さま398,000422,300435,500459,800
さらに、助成金を活用し、満額支給された場合には講座費用の全額以上が戻ってきます‼
助成金を活用し、満額支給された場合支給される助成金(税込)※1457,800586,800620,400660,600
差額(税込)/1名さま+ 59,800支給される
助成金の方が多い
+ 164,500支給される
助成金の方が多い
+ 184,900支給される
助成金の方が多い
+ 200,800支給される
助成金の方が多い

Webマーケティング総合講座、各資格取得講座に関してご不明点、
お見積もりはこちらからお問い合わせください

受講費用を軽減する助成金の活用SUBSIDY

「人材開発支援助成金」とは、外部研修(OFF-JT)や社内研修(OJT)等を通して人材育成に励む事業主などへ、
研修における経費や研修期間中の賃金の一部を助成することにより人材育成を支援する制度です。

point1お金のメリット

研修講座費用より、支給される助成金の方が多くなる

講座費用より、支給される助成金の方が多くなる

社員研修では、助成金を活用した研修計画を国へ申請することで、研修にかかった費用よりも多い金額の助成金を受給できる場合があります。また、既存社員、契約社員、アルバイトのスキル向上の研修でも実費を大きく軽減できる助成金があります。

プラン早見表(全コース)

point2返済不要のメリット

企業規模、業種は問わず、返済は一切なし

企業規模、業種は問わず、返済は一切なし

条件を満たせば企業規模にかかわらず助成金を活用することができます。また、支給される助成金は一切返済の必要がありません。時には高額になる人材育成費用を0円にできることは企業の利益に繋がる最大のメリットです。

助成金の条件

point3労働力確保のメリット

面倒な書類作成を専属コンサルタントがサポート

面倒な書類作成を専属コンサルタントがサポート

助成金申請における書類作成時間を大幅に軽減できるよう申請書類の作成ポイントを可能な限りアドバイス、 サポートいたします。(申請の代行は承っておりません。申請の代行をご希望の際は助成金に精通した社労士をご紹介させていただきます)

助成金の申請サポート

受講までの流れflow

1 . お問い合わせ、ご相談

お電話、フォームより、各種講座や助成金に関するお問い合わせ、ご相談内容をお申し付けください。

TEL : 03-6863-4805

2 . 講座費用、助成金のご説明

講座費用のご説明をいたします。また、助成金を活用される場合は、申請や支給までのながれも合わせてご説明いたします。

3 . 講座の実施

会場は通いやすい新宿、渋谷、秋葉原、田町、京橋など。受講生はマイページを利用可能ですので、事前にテキストや予備学習動画を確認いただけます。

Webマーケティング資格取得講座2019年10月スタートに申し込む

Webマーケティングに関連するその他の講座others

先着20社限定、早割キャンペーンcampaign

受講料金が最大20%割引

Webマーケティング、プログラミングに関連した講座を早期お申し込みいただくと、特別料金にて講座を受講いただける割引キャンペーンです。

まずは無料相談してみる

助成金を活用して、実質0円で受講できる
ことをご存知ですか?subsidy

人材育成を低コストで実現する厚生労働省の助成金
支援制度については下記よりご確認ください。

助成金の詳細ページ

受講を検討される際のご不明点、ご質問、
ご相談はお気軽にお問い合わせください。contact

受付時間 平日 10:00 ~ 17:00tel:03−6863−4805